企業会計
この記事は 2020/05/15 に投稿されました
複式簿記とは?
吉野拓朗
D-fasという会計コンサル会社の代表を務めています お客様に満足して頂くために「プロフェッショナルであること」をモットーにしています

この記事では、企業会計を語る上で欠かせない複式簿記について解説します。そもそも簿記とは何なのかということから1つ1つ解説します。


複式簿記の"簿記"って何?

簿記とは

簿記とは、企業が日々のお金やものの出入り(取引)をある一定のルールに則って紙媒体や電子媒体に保存することをいいます。

なぜそのようなことをする必要があるのかというと、企業のお金の動きを明確にし、経営状況(儲かっているかどうか)を内と外に理解させるためです。

内に向けて理解させるというのは自分たちの会社に資金は足りているのか、利益は出ているのか、無駄や不足がないかなどを理解させるということです。

このように現状の企業の活動内容を見直すことで次年度の新たな活動計画を立てることができます。

外に向けて理解させるというのは銀行や投資家といったお金を貸してくれる人たちへ理解させるということです。

銀行や投資家はお金を貸すかどうかを借りる側の経営状況で判断します。お金の動きを把握できていないようなところにはお金を貸しません。


なぜ企業はお金を借りるの?

企業は日々儲けを大きくするために活動しています。具体的には資金調達、投資活動、営業活動という1つのサイクルを繰り返します。

いまいちピンとこないと思うので具体例で説明します。

儲けが見込める高性能のお掃除ロボットを開発するために多額の費用が掛かる(手元にあるお金だけでは足りない)とします。その場合に企業がこのロボットを開発・販売して儲けるまでの流れを上記のサイクルに当てはめると

1. 銀行からお金を借ります。 → 資金調達

2. 借りたお金でお掃除ロボットを開発します。 → 投資活動

3. 開発したロボットを販売して儲けます。(儲けたお金で銀行に返済をします) → 営業活動

という形になります。

会社というのはこのサイクルを繰り返しながら儲けを大きくしていこうと活動します。より大きな儲けを得るためには会社の外からお金を借りるというのは必要なことなのです。そのために簿記が必要となるのです。


ここまでのまとめ

ここまでの説明で理解して欲しいのは以下の2点です。

・簿記とは、企業が日々のお金やものの出入り(取引)をある一定のルールに則って紙媒体や電子媒体に保存すること

・簿記を行う目的は、企業のお金の動きを明確にし、経営状況(儲かっているかどうか)を明らかにすること


複式簿記と単式簿記

ここからは記事の本題です。

単式簿記

先ほどの復習ですが、簿記とは企業が日々のお金やものの出入りを記録することでした。ここではそのお金やものの出入り(ここから先は"取引"という言葉を使います)を少し掘り下げて解説します。

取引を記録していくにはどのような方法があるでしょうか。パッと思いつきそうなのは家計簿のように支出と収入を日付ごとに保存する方法でしょうか。


このように収入と支出の結果だけを記録する方法を単式簿記といいます。この方法でも一見良さそうですが、企業の経営状態を確認するには不十分です。なぜかというと、上図のように入金が30万円あったとしても、この入金が売上として計上されたものなのか銀行から借入として計上したものなのかが分からないからです。お金の出どころが分からなければ経営状態の判断はできません。

ここで登場するのが複式簿記です。


複式簿記

複式簿記は 収入と支出の結果だけでなくその原因も記録する方法です。

まずは下図をみてください。


複式簿記では1つの取引を借方と貸方という2項目に分けて記録します。5月1日の取引では借方に現金30万円、貸方には売上30万円と記録しています。このように記載することで現金30万円の収入を得たという結果だけでなく、その収入の出どころが売上であったということもわかります。


ここまでのまとめ

ここまでの説明で理解して欲しいのは以下の2点です。

・単式簿記とは、収入と支出の結果のみを記録する方法

・複式簿記とは、収入と支出の結果だけでなくその原因も記録する方法


損益計算書と貸借対照表

複式簿記によって取引の詳細を確認できるようになります。しかし、この状態では企業の経営状態を把握するために1つ1つの取引を細かく見ていかなければなりません。それは現実的ではないので、企業は損益計算書と貸借対照表という決算書にまとめることで経営状態を明確化します。

貸借対照表

企業が現金や建物、土地などの資産をどれくらい持っているか、借金はどれくらいかといった財政状態を示すもの

損益計算書

企業が一定期間にどれくらいお金を使ってどれくらい儲けたのかを示すもの


これらの決算書の説明をする前に、まずは簿記では取引で発生するお金やものを以下の5カテゴリーに分類するということを理解してください。

・資産

・負債

・純資産

・収益

・費用

資産

企業が所有する現金・商品・建物・土地・債権(あとでお金を返してもらえる権利)などの財産を資産といいます。

負債

将来他人に返さなければならない借金や後で支払わなければならない代金のことを負債といいます。(銀行からの借入金や仕入れ業者への買掛金など)

純資産

資本金(会社が事業を行なうために必要な金額に対して、出資者が提供したお金)と会社が儲けた利益を合わせたものを純資産といいます。

収益

企業が商品やサービスを販売することで得た売上や銀行に預金したことで受け取る利息などを収益と呼びます。

費用

企業が商品やサービスを販売するために使ったお金を費用と呼びます(原材料費や人件費・販促費など)


この中の資産・負債・純資産を示すものが貸借対照表です。「貸方」と「借方」の合計を一致させて示す書類であることから、「バランスシート」とも呼ばれたりします。借方(左側)には、現金や売掛金、土地といった資産が計上され、貸方(右側)には、借入金や買掛金などの負債と資本金や事業の儲けなどの純資産が計上されます。

貸借対照表


一方で損益計算書は、残りの収益・費用を示す書類です。収益から費用を差し引くことで、企業の儲けを算出します。借方(左側)には費用、貸方(右側)には収益を記入します。また、収益と費用の差額として利益を算定します。

損益計算書


損益計算書を見ることである一定の期間において企業が儲かっているのかそうでないのかが明らかになります。


ここまでのまとめ

・複式簿記で記録した取引から損益計算書と貸借対照表を作成することで企業の経営状況が明らかになる


まとめ

この記事では複式簿記について解説しました。簿記の理解から決算書の話まで幅広く説明してきましたが、重要なことは複式簿記は企業の経営状態を明確化する上で欠かせないものだということです。このことだけはしっかり頭に入れておいてください。


[補足]個人事業主にとっての複式簿記

企業にとって複式簿記が必要であることは説明しました。一方で個人事業主にとっても複式簿記は必要なものです。なぜかというと節税対策として有名な青色申告の65万円特別控除は複式簿記で記帳していないと受けることはできないのです。

最近は会計ソフトが優れており記帳方法が複式簿記かどうかはあまり気にすることはありませんが、企業、個人に関わらず複式簿記は欠かせないものなんですね。


関連する記事
税務会計
青色申告のメリット、デメリット(個人事業主)
723
吉野拓朗
吉野拓朗
税務会計
個人事業主が開業時に出しておくべき届出書とは?
758
taxhack
taxhack
コメント
キーワードで記事を検索
人気記事
税務会計
<個人事業主>家族への給与支払は経費計上できるのか?
782
吉野拓朗
吉野拓朗
税務会計
新型コロナ関連の助成金(給付金)・補助金まとめ
700
吉野拓朗
吉野拓朗
税務会計
新型コロナ関連の融資制度まとめ
719
吉野拓朗
吉野拓朗
税務会計
青色申告のメリット、デメリット(法人)
723
taxhack
taxhack
税務会計
[判定フローチャート付き]消費税納税義務者の判定方法
5,123
吉野拓朗
吉野拓朗
経費一問一答